読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことも言えない こんな世の中じゃ

日々思うこと、出来事を、綴ります ポイズン!

買い物する方、される方

私は某関西地区、某所で衣料品の販売をしているしがない36歳

短大を卒業してから同じ会社で16年働いてる所謂中堅、結構面倒くさいお局なのです

 

16年も同じ場所で働いてると、そりゃ色々ありますよ(遠い目)

 

我が社はショッピングモールやファッションビルなんてオサレな店舗ではなく、客層もおじんおばん中心で完全な地域密着店 しかもなかなかガラの悪い地域に密着しておるのです

 

今迄つり銭詐欺のおっさんに絡まれたり、所持金18円しかなく試着室に立て籠もったオジンもいました

 

あ、知りませんでした?

販売職って結構危険なんですよ

 

店舗も規模は小さいのでフロアも寄せ集め

私が所属する紳士服、隣には子供服、その隣には肌着売場 まるで他人丼

人件費を削られ従業員人数も少なく、故に他の売場の接客に入る事もしばしばありますが、知らない事もたくさんあるので毎日が勉強です(色んな意味で)


そんなある日の夕方のお話

 

肌着売場の係長(男性)に呼び止められ「(お客様の)サイズ測ってくれるか?女の人やねん」と接客頼まれました

どうやら肌着売場の後輩が席を外しているらしく、私に頼んだ様子

 

メジャーを持って「へいへーい」と売場へ行くと、かなりふくよかな4、50代くらいの女性が一人立ってました

 ところが近付くにつれて鼻をつまみたくなるほど多大なるアルコール臭が女性から漂い始めると、私一気にやる気ダウン 

「お姉さんバスト測ってくれるー?」どうやら呂律もあまり回ってない様子

 

本人はほろ酔いくらいでいい気分かもしれないけど、私の感想は

 

うーわ、面倒くさいおばはん来たー

 

しかしそこは16年のお局、鼻に空気椅子ならぬ空気鼻栓をしてサイズを計測します

 

私「アンダー85ですね」
おばはん「え!?そんなはずないって!!! 測り直して ギュッてしていいから」

 

なんやねん、ギュッて

肉引きちぎるぞ

仕方なしに再計測

 

私「・・・・ギュッてしたら80です トップは95ですね」
おばはん「そんなあるんや じゃあ可愛いブラジャー探してくれる? 地味なんはあかんで 可愛いやつ 彼氏に買ってもらうねん」

 

私の顔面にアルコール臭い唾を飛ばしながらおばはんは商品を催促

 

それから15分程私とおばはんの攻防戦 お出しするやつ「アレが嫌」「これも嫌」と全部ダメ出し

やっとの思いでクリティカルヒットを繰り出した私、HP無くなる寸前でなんとか試着して頂き、お会計までこぎつけました

おばはん「あれ?どこ行ったかな? おーい」

突然レジ前でキョロキョロし始めたおばはん 誰かを探している様子 しばらくしてから彼氏らしき人物が登場

これまたアルコール臭漂う50代面倒くさそうなおっさんが現れた

私に用意されてるのは「たたかう」のコマンドのみ もしかするとここで否決される可能性も!!

「やってみなくちゃ分かんねぇ」と身構えた瞬間 突然始まるおばはんとおっさんの攻防にびっくり

 

おっさん「えー?俺払うん??」

おばはん「買ってくれる言うたやん」
おっさん「俺は1着や言うたやろ? さっき飲み屋で使うたから金無い」
おばはん「2着で2300円やん まだ財布にあるやろ」

 

なんだこの醜い争い!

2300円の低レベルな争い!!

 

私が呆れる中「いつか請求するからな」とおっさん渋々お会計
おばはん「お金は返されへんわー 性的なことならいくらでも返すけど」


想像したくないわーーーーーー!!!
何でもええからとっとと帰れーーー!!!!


と口に出すのを堪え「ありがとうございました」とお礼を申し上げ終了


いやはや、運転と買い物は酒気帯お断りにして頂きたいものであります

 


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー