読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことも言えない こんな世の中じゃ

日々思うこと、出来事を、綴ります ポイズン!

カレーうどんが教えてくれる

「便所」

「え?」

「だから便所」

「なんて?」

「トイレ」

「あー トイレな」

 

先日の副店長との会話です

三十路ど真ん中は便所ではなくトイレと言えと無言の圧力をかけられました

ども、態度も口も悪いお局こと、てんまろです

 

以前も書きましたが、私は衣料品を販売していますが自分の服には気を使いません 裸じゃなかったらいいんじゃないかくらいに思ってます

 

もちろん髪型もそう

なんにせよ生まれてこのかた直毛一筋 パーマがかかりにくい、毛染めしづらい髪質なもんですからおしゃれなんてアウトオブ眼中

白髪はさすがに老け込むので、毛染めしてますが、髪の長さは気になったら切る感じで放置しています

だから4ヶ月から半年放置しているのも珍しくないです カラーカットて案外お金かかるし

 

で、こんな私が何を基準に髪を切っているかというと、前かがみになって鬱陶しくなる時なのです

 

特にカレーうどんを食べる時

あのとろみが髪の毛に付いてしまったら、もう限界 嫌になって丼鉢ごと投げたくなる

素うどんでも釜揚げでもなく、カレーうどん 黄色いとろみが教えてくれます

イッツア イエロー マジック

 

髪型も伸びたぶんだけ切るので、再びマジックにかかるまでは放置 

これの繰り返し

 

え?同じじゃつまらない?

試しましたよ、色々

でも髪質が邪魔してくるので全却下 諦めました

お金かかるしね

 

ともあれ、面倒くさけりゃ坊主にしてウイッグなんて手もありだな

 ズボラ万歳

 

 

今週のお題「髪型」

「やんのか?おぉん?」

とは、最近購入したTシャツに書かれていた台詞です

ども、言いたい事は口から出てしまう女、てんまろです

 

本日は会社の親睦会でした

本来なら新人歓迎会ですが、今年は新人がいなかったので親睦会

そして店長が拗ねて来ないという意味不明な行動に出てブチギレ ま、一緒に飲みたいとは思いませんけどね

 

そんな当初は面白くない飲み会でしたが、意外と盛り上がったので良かったです

我ながら席順がベストポジションの配置!自画自賛!!

だからか、副店長の後輩に対する豪語には多々ブチギレてました

 

何を偉そうに、仕事でてめぇがやる気出してるとこなど見た事ないわ

何度空のジョッキぶつけてやろうかと思いましたね いや、頭の中ではぶつけてた

苛々している私を直属上司がうまく制止してくれたけど 

 

あいつ、いつかシメてやるからな

 

と、心でほざいてみる

仕方ない、飲んでるんだもの(テヘペロ)

 

 

こんな感じで17年目も過ぎていくのでしょう

今年は社員旅行行き先山陰らしい

穏便に心穏やかに過ごしたいわ

GWってきっと都市伝説

ほんと今日はいい天気ですよね

こんな日は思い切り洗濯がしたくなるので、色んなもの洗濯してきました

ついでに心の洗濯までしたくなる、腹黒女てんまろです

 

皆様、GWはいかがおすごしでしょうか

私達販売民は皆様が楽しい連休中こそ稼ぎどき GWはほぼ仕事です

最近は1日だけ交代で取れるようになりましたが、入社してすぐはGW=仕事が当たり前

だから昨日何故か後輩の有給を許可したフロアー長をぶっ飛ばしてやりたくなりました

案の定忙しかったし「休ませて正解なんて思わせねーかんな絶対ぇ」と意気込み 売り上げうなぎ登り ざまー味噌ラシド

 

とまぁ、毒吐きまくりですが

本日は唯一の休みです

 

千葉に嫁いで里帰り中の親友とそのジュニアに会ってきます

仕事なんて忘れてやりますよ

久々の遠出、楽しみ

今日1日を楽しみに昨日頑張れたのだから

 

まぁGWなんて無いと思えば苦じゃ無いし、貴重な1日だからこそ大切に過ごせるのはいいと思うのです

 

とりあえず心のデトックスしよう

皆様も良い休日、良いお買い物を

 

 

 

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

三流短大卒 対 東大法学部卒

春はあけぼの 寝ても寝ても寝ても眠い

仕方ないじゃないだって、人間だもの てんまろです

 

先日書いきましたが、主任になりました

 

で、内示の時、店長に

「専務が直々に辞令を渡したいらしいから本社行ってきて」と言われ、渋々当日の朝行ってきました

 

なぜ渋々か、それは専務が屈折率がすごい変人だから

 

専務について書いたブログ↓

http://tenmaro.hatenadiary.jp/entry/2017/03/18/194108

 

呼び出し会場に行くと、同じく呼び出された先輩方と合流

慣れないことに少々緊張

しかし、ベラベラと先輩と喋る

 

そこで初めて面談方式と知り、何を喋るか悩みましたが、考えるのが面倒くさくなった私、開き直って座る

 

だって考えたって仕方ない

頭の回転はあちらが異常なくらい早いのだから勝てる気がしません

負け戦は頑張らないと決めてる私

なんと一番に呼び出される

 

今回の主任組の中では一番下っ端やからか

不服にも専務の部屋で、何故か経理部長同席のもと面談スタート

 

辞令を渡され、負けじと目を反らさず専務の眼をこれでもかと見続け(睨みつけ)ながら話は進んでいき

たぶん専務の予定を大幅に押しつつ話は思わぬヒートアップ

専務も予想外の図々しい平社員に呆れていたでしょうが、ここぞとばかりに言ってやった

 

ま、年1回か2回くらいしか会わないんやから何思われてもええんですけどね

こっちは辞める気満々ですからね

 

こうして専務とのタイマンが無事終了し、私は晴れて主任になりました

 

とりあえずやる事をやるだけっす

ビビってバビってブー

電車の前の座席の方が謎の貧乏ゆすりをはじめました 黒魔術かと思われます 何か良からぬものが出てきそうで怖いです

びびってるなう、てんまろです

 

本日突然の内示で21日付で主任になります

 

最初隣の部署の上司がカマかけてきて、異動させられるかと思ってびびってましたが、昇進するというまさかの展開でした

あんまり嬉しくはありませんので、正直複雑ですが16年居座り続けたおかげか、結果なのか、わかりませんが主任になります

 

本日は偶然にも飲み会で色んな方にお祝いいただきましたが、久々お酒を飲み気が緩んだのかオナラ止まりませんでした

 

大ぶーイングの中お開きになり、誰にもバレてないことを望みますが、とりあえず主任になります

 

おなら主任てあだ名つけられないよう気をつけます

 

そして前の席の彼は自分の膝を叩きながら、自分を戒めているようです

彼にも私にも幸あれ

 

自己紹介って案外難しい

 

春ウラララララー!!!

はっ! ジェロニモみたいに叫んでしまいました そうだ、斧持たなきゃ、てんまろです

 

自己紹介というわけで、少し私のお話をさせていただきます

 

私の名前はてんまろ

趣味特技が妄想の36歳 独身貴族

某県で衣料品の販売員

世渡り上手な申年、几帳面なはずだが微妙なA型 自由人の火星+ペガサス

 

生まれは大阪の東大阪市というガラと治安が悪い河内地区

 

どうでも良い事ばかり記憶にあり、都合が悪いことは記憶から消す性分

 

持ってる資格は英検3級 普通自動車免許 ファッション販売能力検定

 

「記録よりも記憶に残る」「人生は波乱万丈でもエンジョイマイライフ」をモットーに日々精進しております

 

 

今週のお題「自己紹介」

ふと思うことを書いてみる

今、Yahoo!知恵袋で私と同世代の男性が投稿した両親の介護を手伝わない妻に対しての質問のベストアンサーがすごいというので読んでみたが、納得させられる部分が多かった

 

↓ 記事

妻が両親の介護をしません。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13172272028 

 

家族って、家族だからやって当たり前、してもらって当たり前、なんて事は一つもないと私は思う

 

父が亡くなってもう30年近くなるけど、母はその半分以上の年月を私と妹を育て、家事をし、仕事して働く時間に費やしてくれた

今の私達が穏やかに暮らしてるのは母親のおかげしかない

今の世の中みたいにスマホもなく、母子家庭が当たり前じゃない時代、今の私とそう変わらない年代で、子供二人と会社と生活を守る母は、私が想像できないほど、たくさん苦労したのだと思う

 

時が流れ、私達が大きくなり、バイトで働き出した時「もう家でゆっくりしてくれていいよ」と言えた時、母はどんな気持ちで聞いていただろう

持病のヘルニアが悪化し、痛い思いをして働き続けてくれた母に、私達がしてあげられることができるのは、生活費を入れることと、母をゆっくりさせてあげられることだった

 

年を重ねて、母も先月で68歳を迎えた 足腰はさらに悪化してるけど、内臓も血液検査も問題なく健康でいてくれる

本当にありがたいことだ

 

母にとっては迷惑な話だが、娘二人が相変わらず結婚もしないで悠々自適な生活を送っていられるのも、母が健康でいてくれるからできることだ

仕事から帰れば、美味しい料理が待っているのも、我が家のワンコの散歩が住んでいるのも、洗濯物が乾いているのも、母のおかげだ

(断り書きだが、私と妹はちゃんと家事は手伝っている)

 

年を重ねて、頑固やワガママになってきた母だが、私達がかけた迷惑に比べれば可愛いものだ 腹も立つし、小言も増えるけど堪えられるものは堪える

 

きっと母だって私達に対して同じ思いをしてきたからだ

 

 たくさん甘やかせてくれたし、一生懸命向き合ってくれた

その反面、言うこと聞かない私達に対して母は幾度となくジレンマと闘ってきたと思う

 

だから今度は私達が母を甘やかせてあげる番だと思う

いつの日かくるお別れの日まで、母や妹やワンコとたくさん話したいし、たくさん笑いたい

そのためにも家族の存在に感謝する気持ちは忘れてはいけない

 

やってくれて当たり前、やって当然なんて思っていたら相手も自分をないがしろにする

そんな風に思いたくないし、思われたくない

だったら大切に想わないとね

 

やっぱ家族、大切やなぁ